« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

高峰山、再び

先週末に、また高峰山へ行ってきました。

80kb06219_003 今回の相棒は、高峰は始めてのst-lousさん。
彼の何がスゴイって、XCマシンでダウンヒルもダートジャンプもこなしてしまうところがスゴイ。
乗っているのはルイガノのXCバイクなんですが、ステムは100ミリと長いし、タイヤは1,95インチの細~いもので、完全なクロカン仕様車です。_005

彼はそのバイクでダウンヒルはもとより、ダートジャンプもガンガン飛んでました。
“漢(おとこ)”です(笑

06219_002 聞けば、小さい頃からスキーをかなりやりこんできているとのことで、バランス感覚はかなり良さそうです。

バイク乗っている人は、パーツの違いなどウンチクに走りがちですが、機材がどうこうよりもやっぱり本人の能力の違いが大きいというのがよく分かりました。
自分も物欲に任せてパーツばっかり買っていてはいけませんね(^^;

今回は練習の成果で、DH、DJともにかなりスムースに出来るようになりました。
嬉しい~(^^

★おまけの動画★

私もこんなビッグジャンプをメイク出来るようになりました・・・・ウソです(笑
この日に来ていたあるショップのインストラクターの方のジャンプです。
実際に見ると、ド迫力!
いいもの見させてもらいました(^^

「big_jump_.mov」をダウンロード

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

NORCOのパーツ その2

New_machine_018 NORCOは今こんな状態です。
パーツは揃ったのですが、案の定、いろいろなトラブルが発生して、まだ完成しておりません。
ま、バイクを組むということは、経験上えてしてそういうものだと知ってますので、気長に待っております(^^;
ちなみにこの’05 NORCO FLUID1,0のフレーム重量は3,27kgとまずまずの軽さ。
`06 PIKE U-TURN AIRは2キロをちょっと越えるくらいと、カタログ値(1,970g)よりやや重い(笑

New_machine_015 ブレーキは去年のブランニュー、HayesのEl Caminoを使うことにしました。
現在のバイクには同じHayesのMagを使ってますので、メディアで評判の良いエルカミがどんなものか、今から使うのが楽しみです。

でもこのEASTONハンドルバーのニューカラー、デザインが洗剤箱っぽいと思うのは私だけ?(笑

New_machine_017ハブはSUZUEのDHカーボンシェルハブです。
この度残念なことにSUZUEさんが自転車パーツ製造を廃業することになって、在庫パーツを格安で処分することになったそうで、その安値に惹かれて(笑)使ってみることにしました。
リアのノッチ数は20と標準的ですが、重量はさすがに軽く、あのCHRIS KINGよりまだ軽いです。
ひょっとしてダウンヒルハブ最軽量?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

高峰山でダウンヒル

先日、有名な高峰山ダウンヒルコースへ、友人4名(私、マーブルさん、ERNESTさん、ぐりあんさん)で行ってきました。
たいへん楽しみましたが、最後にとんでもない事が!
以下、リポートです。

(画像提供 by マーブルさん&ERNESTさん)

80kbdsc02678 早朝に都内を出発し、予約時間の9時の少し前に到着。
早速車からバイクを降ろして準備をします。
しかし9時を過ぎても、高峰山マスターの須藤さんは現れず・・・
このゆるさが高峰です(笑
ある意味ロハス!?

D67b 9時を15分くらい過ぎたところで、須藤さん登場。
バイクを搬送のワンボックスカーに詰め込みます。

80kbdsc02685 搬送車でダウンヒルコースのスタート地点まで搬送してもらいます。
スタート地点で一緒に乗ってきたフルフェイスヘルメットをかぶったダウンヒラーの方と、しばし談笑します。
この方たち2人連れはとても朗らかな気持ちの良い人たちでした。
自転車好きに悪い人はいません(^^
いざダウンヒルスタート!

80kbdsc02687 スタートしてすぐの場所で、いきなり眺望が開けます。
非常に気持ちの良い眺めで、写真撮影大会になってしまいました(笑

D700 森の中のシングルトラックを快調に下って行きます。
高峰山はあまりガレていない、スムーズな路面のシングルトラックがほとんどなので、私のようなハードテイルマシンでも十分楽しめます。
むしろ重いダウンヒルマシンは取り回しに難儀しそうです。
コース途中には画像のようなラダーもあって、遊び心満点です(^^

80kbdsc02699 コースの最後は、そのままジャンプセクションに繋がっています。
そこでみんなでジャンプ大会!
何度もトライしてたっぷり遊びました。
画像はテーブルトップに向かうマーブルさんの雄姿。

80kbdsc02700 こちらは私のジャンプ姿。
たいして飛べてないですが、これでも結構コワイです(^^;
あ~、もっとうまくなりたい!

80kbfa67 このように楽しんでいましたが、昼食のあとの1本のジャンプセクションで、着地に失敗して転倒!
打ち所悪く左眉の上を切ってしまいました。
近くの救急病院に行って3針縫うはめに(^^;

最後は負傷してしまいましたが、非常に楽しかったです。
世のなか、これほど楽しいことはそうは無いかも(^^
また絶対行くゾ!

おまけ:マーブルさんの華麗な!?ジャンプ!(動画です)
「MOV02714.MPG」をダウンロード

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

NORCOのパーツ

80kbnew_machine_013  フォークはこれまた巷で高評価のROCKSHOX PIKEです。
ぶっとい20mmアクスルが雰囲気です。
このフォークで、今まで使用していたサスより、剛性が格段に上がるので、その効果を早く確かめたいですね。

80kbnew_machine_008_1 あと、技あり!のパーツがコレ。
AXIOMのテレスコピック・シート・ポストです。
トレイル派としては、登りはサドルの位置を高く、下りは低くしたいところですが、通常の1本の棒状のシートポストでは、調整範囲に限界があり、最適な位置を得られません。
そこでこのポスト。
2段階に伸び縮みするようになっていて、4バーリンクサスのように途中でポストがつかえてしまうフレームでも調整はバッチリです。
便利なお勧めの1品です。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年2月 8日 (水)

NEW マシーン、ここまで出来ました

80kbnew_machine_004・・・って全然出来てませんね(笑

ほぼ部品は揃ったんですが、ハブとステムだけが未だ来ず、入荷待ちの状態です。

しかしこの状態でもカッコイイぞ80kbnew_machine_001(←自画自賛・笑)
E-THIRTEENのバッシュガードがきまっています。
ヘッドセットはKINGではありきたりなので、RACEFACEのDIABOLOUSというモデルにしました。
¥1万ほどと、リーズナブルながら、耐久性には定評があります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

NEWマシーン投入!

Fluid1 この度MTBのNEWマシーンを購入することと相成りました。

カナダMADEのNORCO(ノルコ)というメーカーのFKUID1,0というモデルです。

以前からこのジャンル-登りも下りもこなすオールマウンテンというモデル-には興味があったのですが、高価なので躊躇しておりましたが、今回清水の舞台から飛び降りる覚悟(笑)で購入に至りました。

フレームのみの購入で、各パーツは好みのものをアッセンブルしていく予定です。
現在フレームは届いていますが、まだパーツで届かないものがあって、完成まではもう少しかかりそう。

早く完成させて、乗りにいきたいですね。

※画像はメーカーの完成車モデル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

W山トレイルライド

もう3週間ほど前の1月初旬の日曜日に、バイク仲間のマーブルさん、ERNESTさんと、埼玉県の秩父山脈のふもとにあるW山へトレイルライドに行ってきました。
むっちゃ楽しかった!(^^
その時の様子をレポートします。

01080005_1名栗湖のほとりにクルマを止めて、長~い舗装路の登りを延々と登っていきます。
斜度もきつく、ほとんどインナー×ローでこいで行きます。
あって良かった34T(笑
途中、分岐では地図で確認しながら。
写真右は今回の案内人、マーブルさん。
しっかり案内お願いしますよ!

__hr_p1010029_1標高が上がるにつれて、だんだん見晴らしが良くなってきます。
厳冬の今年ですが、この日は例外的に日差しがポカポカと暖かく照る、絶好のトレイル日和。
これも日頃の行いが良いせいでしょう(←誰の?・笑)
時々開ける景色に見入りながら、さらに登っていきます。

途中、川の砂防ダムが凍って、巨大なツララになっていました。
寒そう~

__hr_p1010033_3

ERNESTさんと私でカップルいちゃいちゃゴッコです。
「ご覧、滝が凍ってるよ、キレイだね」
「ステキ!」
「君の方がもっとキレイさ、ハニ~」
・・・って、何やってんでしょうね(笑

__hr_p1010036 ダムの上にショッカーが現れてますが(笑   

道の脇の小さな湧き水の滝も凍ってました。
マーブルさんが素振りのポーズ!__hr_p1010031

100kb__hr_p1010028 頂上手前の広場で昼食。
日差しがポカポカで気持ちいい~
目線、犯罪者ふうにしてみました(笑

__hr_p1010024 ようやくW山頂上に到着!
標高1,040m。
見晴らし抜群で、遠く新宿や池袋の高層ビル群が見渡せました。__hr_p1010026

さあ、ここからお待ちかねのダウンヒルへ!

けっこうEXTREMEな道でした。
大前転もかましたりして(^^;__hr_p1010015 

__hr_p1010019
__hr_p1010005_1

度重なる転倒で、ヘルメットがそろそろヤバそうです。
でも楽しい~(^^

ダウンヒルを思いっきり楽しんで、帰途に着きました。
帰りの車中も、楽しい話題で盛り上がりっぱなし。
マーブルさん、ERNESTさん、楽しい1日をどうもありがとうございました。
また何処かいきましょうね(^^/

ちなみに画像は全てマーブルさん&ERNESTさん提供です。
なぜなら私のデジカメは去年、高峰山DHコースに置き忘れたままだからです (笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

インサイダー取引

数日前に10年来の友達と喧嘩した。
原因は、彼の行っている株のインサイダー取引だ。

彼がメールで「不動産屋やってるとインサイダー情報が入ってきて得ですよ~」と送ってきたので、そういった不正の大嫌いな私(彼も知っているはずだが・・・)は、「それって犯罪じゃないねえの?」と返信したら、「そんなことを言ってるMongoさんは甘いですよ」とかふざけたことを言ってきたので、そのあとはお互い非難の応酬になってしまった。

彼とは長いお別れになりそうだ。

彼とはバイト先で知り合い、長い付き合いをしてきた。
お互い、経済システムなどに興味があったので、よく長い話をした。
熱血漢で正義漢だった彼は、よく「公正な経済競争を実現するためにはウンヌン・・・」と熱く語っていたのに・・・

世間ではおりしもライブドア問題が喧しい。
耐震偽装問題もそうだけど、自分の欲望のために、他人の財産や時間、生命でさえも奪って恥じない人間のオンパレードだ。
寂しい世の中だよね。

自分の働いている会社でも不正行為でもうけている人間はいたが、この数年ほどの間にみんな消えるか処分されて無力化するかしている。

最後には、社会の心ある人々の思いで、正義が実現されると信じたい。

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »