« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月29日 (水)

NORCO初乗り

100kb06329_norco_007 今日、ようやく組みあがっていたNORCOを、桜の花もきれいな
近所の公園(笑)で初乗りしてきました。

さすが5,5インチもストロークがあると、木の根っこがうねっているような所も何事も無かったかのように通過できて感激です(^^

100kb06329_norco_004 反面、やはりハンドリングは、今までのP-2と比べると重め。

PIKEと、P-2に付けてるFOX FLOATでは400gくらいしか重量的には変わらないんですが、ハンドリングには如実に影響があるものなんですねえ。
コギとともに軽快感にはやや欠けます。
気になる総重量は15,3キロでした。

ちょっと登りが辛そう(^^;

100kb06329_norco_005 次はこいつを高峰に持ち込んでシェイクダウン!と行きたい!(^^

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

BIKE雑誌雑感

ここ3回ほどの休日は組みあがったNORCOのシェイクダウンに行こうと思っていたのに、いつも雨天・・・(--;
次の休日も予報は雨ですし、いつになったらNORCOの初乗りが出来るんでしょう?(苦笑

で、ネタが無いので雑談を一つ。

Cover 先日の20日、月刊の各バイク雑誌が発売になりました。
今までは3冊ある月刊バイク雑誌を全部購入して熟読(笑)していたんですが、今回はBicycle Club1冊のみ買いました。
何故今回は1冊のみなのか?
それは他の2冊(Cycle Sports&Fun Ride)はほとんど全くといっていいほどMTBの記事が無かったからです。

Fr0604 私はロードバイクも好きですが、最近はトレイルライドにはまったこともあって、MTB関連の記事を読みたいんですね。
ところがここのところのロードバイク流行りのせいか、各雑誌ともMTB関連記事が減少気味でした。
ここ半年くらいは「コレじゃ読むとこ無いな~」と思いつつ、それでも1つか2つのMTB記事が読みたいばっかりに3冊とも全部買っていたんですが、とうとう今月はバイクラ以外は全くと言っていいほどMTB記事が無い状態に。
これではホントに読むところが無いので、バイクラのみの購入に至ったという次第です。
う~ん、MTB好きにとっては寂しい状況ですね

(--;

12210603 そのBicycle Club。
“That's Real MTB!"という連載企画がとてもいいです。
レース向きではなく、一般のFun Riderが楽しむための記事がてんこ盛りで、読んでてとてもワクワクします(^^
バイクラは、毎月の特集記事(少し前のシフトテク特集がとてもGood!でした)も非常に面白いし、自分的に今1番読みたいと思う雑誌ですね。
その他にMTB Magazineが毎回必ず買いたい雑誌かな。

★おまけ★
3671 過去、FUN RIDEの表紙モデルを務めた時の画像です・・・・ウソです(笑
その真実は、友達がお遊びで作ったものでした。
そういえばもうすぐ桜の季節ですね。
お花見ライドもしたいけど、ちょうど休日が取れない期間なんだよなあ・・・(^^;

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

都内某トレイル

昨日、都内某所のトレイルに、MTBネット界のカリスマ!?サイト「まうんてんばいくビート」(http://www.edokei.com/)のedokeiさんからお誘いを受け、行ってまいりました。

都内の住宅地のすぐ傍にある山で、ホントにこんな所にトレイルなんかあるんかいな?と、心配になるようなところに素晴らしいトレイルが広がっていました。

06312_trail7_002出発前の風景。
集まったのは10数名の大所帯です。
edokeiさんの人気が分かりますね。

06312_trail7_010 06312_trail7_009

06312_trail7_012

しかしトレイルライドが楽しくて夢中になりすぎ、臨場感が湧くような写真を撮れてませんね(^^;
もうちょっと修業しないとね。

edokeiさんは想像していた通りの明るくFUNKYな方で、来ていた人たちも気持ちの良い人ばかり。
たいへん楽しい1日を過ごせましMyphoto1た。

やっぱりMTB Peopleサイコー!です(^^

※画像に問題がある場合は下記まで連絡してください。対処いたします。

mandm_pro@hotmail.com

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

サスはやっぱり○○○!?

Amsls_1 昨夜、名前を出せば誰でも知ってる某大手自転車チェーンの経営者の方と飲みました。
バイク仲間も集まって、和気藹々とした楽しい飲み会だったのですが、いろいろ業界裏話的な話も聞かせていただけました。

そこで前から薄々感じていたことが事実だということが分かりました。
それはMTBのサスペンションのアフターサービスの悪さです。

ショッキングなことに、最近代理店が変わったMarzocchiのサスは、以前の代理店が売ったものに関しては、「壊れたらもう修理できません」とその方は断言していました。
現在の代理店が、自分達で売ったわけでもないサスのスモールパーツの供給をする気がないそうです。
Manitouもアフターサービスの体制はいまいちとのこと。

Nixon_platinum18070393_1 比較的に信頼できるのは、Mom&PopsのFOXと取り扱いがGIANTに変わってからのROCKSHOXだそうです。
これは自分が今まで見聞きしてきた印象と同じです。

オールマウンテン系サスのメディアでの紹介は、圧倒的にROCKSHOXのPIKEが多く、絶対的な性能では勝っていると思われるManitouのNIXONはあまり登場しないのは、この辺りにも理由があるのかもしれません。

自分が買うとしたら、やっぱり第一候補に挙げるのはFOXかな?
Mon&Popsの代表の大島さんは、アフターサービスに力を入れているのを度々喧伝しているし、実際自分のFOX FLOAT100を整備に出した時も対応は素早かったです。

今回購入したNORCO FLUIDのサスもホントはFOXの36にしたかったのですが、高価なんでPIKEに落ち着きました(^^;

Pike454_1 それにしても高価なパーツの代表である、MTBのサスペンション。
複雑な機構でトラブルも少なくないし、アフターサービスの体制の違いに着目して、サスの選択をするということも十分にアリ!だと思います。
賢い消費者にならないとね!(^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »