« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月16日 (日)

フルフェイスヘルメットのチョイス

最近、DOWNHILLばかり行っていることもあり、半キャップタイプのヘルメットだけでは心許なくなってきたので、フルフェイスヘルメットを購入することにしました。
ただ、ヘルメットはフィッティングが肝心。
なかなかフルフェイスタイプのメットを扱っているショップは少ないので、先日の休日に何店舗かのメットフィッティング巡りの旅(笑)に出ました。
色々かぶって試した結果は以下の通り。
フルフェイスヘルメット購入予定の方は参考にして下さい←そんなヤツ都合よく居るのか(笑

Bellistic05 6位 BELL

BELLは典型的な日本人頭の私には全く合いません(^^;
被ると頭が面じゃなく点で接している感じ。

6123005位 SIXSIXONE

661は頭はフィットしたけど、頬の部分がきつかった。
顎の細い人向き?

同点3位 FOX&Troy Lee Designs

D_21520foxrp6Razor185605432社とも可も無く不可も無く、といったところ。
実用上は問題ない感じ。
Troy Leeはデザインがカッコイイ。

2位 OGK

Itemさすがに国内メーカーだけあってフィット感良し!
頭にぴったりフィットするせいか、今まで挙げたどのメットよりも頭が小さく見えます。

1位! Arai V-Cross DH

栄えあるフィッティング1位はAraiのDH Model!、パフパフ~!(笑
なのにAraiのサイトには紹介すら載ってないぞ!(笑

さすが、MOTOの方で実績のあるAraiです。
2位以下のメットとは、内装が構造からして違い、パッドが複雑なエルゴノミックな形状をしてます。
頭頂から顎まで包み込むようなフィット感はまさにサイコー!!

・・・ですが、結局注文したのはOGKでした。
だってAraiはその独特の丸い帽体のせいで、頭がやたらデカく見えるんだもん(笑
顔がデカく見える率もNo1のAraiでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

ダートジャンプ再考

昨日、高峰山にNORCOのシェイクダウンも兼ねて、行ってまいりました。
NORCOもゴキゲンに走ってくれて、サイコー!だったんですが、最後に悲劇が・・・・
一緒に遊んでいた仲間の一人が、ジャンプの着地に失敗して転倒、足の骨を折ってしまいました(T T)

高峰のコースはダウンヒルコースが、そのままジャンプトレイルに繋がっていて、飛べる人間にとってはかなり面白いんですが、初心者にとっては“飛ばされて”しまう危険があるコースです。
ダートジャンプはすごく楽しいMTBの遊び方ですが、やはり月に一度くらいの頻度でRideするようなホビーライダーには危険だと思いました。
先々月は自分も怪我してますしね(恥

今後は一緒に行った仲間に、安易にジャンプを勧めるのはよそうと決めました。
反省しきりの今回のライドでした。

E

こんなに楽しくやっていたのに、この後悲劇が・・・

NORCO FLUIDは140ミリストロークを生かしてゴキゲンに走ってくれました(あ、NORCOの写真、撮り忘れた・笑)
今までのハードテイルマシンに比べると、安定感は月とすっぽんです。
ジャンプでも。着地の衝撃を吸収してくれてら~く楽。
ただこちらも乗り終わってみると、FサスのPIKEのストロークが縮んだまま元に戻らないという悲劇に見舞われ(笑)、ショップに直行でした。
あ~、早く直ってくれ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »